食のしあわせプロジェクトlogo

このプロジェクトへの寄附額: (2022年10月26日以降)

283,029,043円

プロジェクトの目的

めざせ地産地消100% 子どもたちの給食にご支援を!

肥沃な土地と温暖な気候に恵まれた瀬戸内市。
ここでは米や麦をはじめ、キャベツや白菜等の露地野菜、ぶどうやみかん等の果樹栽培が盛んです。

そんな瀬戸内市の豊かな農産物を活かし、私たちは「食の大切さ」を起点とした「食のしあわせプロジェクト」を展開しています。その柱は「地場産物を給食に活用する」こと。この取組を進めることで、子どもたちや保護者の食育による地域への関心の高まりや健康増進、農業の活性化、輸送エネルギーの低減、地域内での経済循環など多くの波及効果が考えられます。

「子どもたちに自分たちが作った安全・安心な野菜を食べてもらいたい」という熱い思いを持った市内の農業者が中心となって、給食へ地場産物を提供する取組が行われてきましたが、給食への地場産物の利用率は16.6%と依然として低い状況です。

そこで、本市では「給食地産地消100%」を目指し、この取組を推進しています。
この実現のため皆さまからのご支援をよろしくお願いします。

サンクスチケットで
もっと楽しめる瀬戸内市へ!
このプロジェクトは、市民の皆さまからのご協力も広くお願いしております。
当プロジェクトは、地域の子どもたちへ地域の食べ物を届ける取り組みへ
ぜひ多くの市民の皆さまにもご協力をお願いしたいと考えております。

通常ふるさと納税制度を活用するプロジェクトでは、市民の皆さまへ返礼品をお届けすることはできません。
そこで返礼品に代わり、ご協力いただいた市民の皆さまへサンクスチケットの配布を予定しております。
チケットを瀬戸内市立美術館又は備前長船刀剣博物館の窓口で提示すると入館料が無料となります。

また、生産者から地場産物を直接購入する場として、朝市も開催されています。
瀬戸内市ならではの新鮮で旬な食材をお楽しみいただけますので、お立ち寄りください。

ぜひプロジェクトに参加いただき、子どもたちへ「食のしあわせ」を届けるサポートをお願いいたします。

サンクスチケットの詳細と瀬戸内市産の
食材が買える朝市の紹介はこちら

瀬戸内市にはこんな特産品があります!

「食のしあわせプロジェクト」は、
ふるさと納税制度を利用した寄附でプロジェクトを応援できます。

ふるさと納税とは、自分が選んだ自治体に寄附することで、税金の控除を受けられる制度です。
多くの自治体で地元の特産品や宿泊券などの「お礼の品」を用意しており、
また地域を応援する手段としても人気を集めています。
瀬戸内市出身の方、瀬戸内市を応援したいと思っておられる方、
市外在住、市内在住にかかわらず、どなたでもご寄附いただけます。
瀬戸内市の目指すまちづくりに、ぜひ寄附をお願いいたします。
※ふるさと納税の返礼品を受け取れるのは市外在住者のみになります。

おすすめの返礼品

返礼品一覧を見る